トップページ > ネット証券のイケてる選び方 > 証券会社選びに迷ってしまったら?

証券会社選びに迷ってしまったら?

証券会社選びに迷ってしまったら?

手数料が安く、口座開設・維持費もかからないネット証券。

でも、、どこも一緒のように感じてしまう、まだどんな取引がしたいかわからない、
どうしても証券会社を選べない方へお伝えする、ネット証券の選び方を紹介します!


とにかく全てのネット証券口座を開設してみる!

どこのネット証券に決めかねている、どうしても選べないのであれば、
全てのネット証券口座開設をしてしまうとよいと思います♪

理由として、ネット証券の場合、口座開設・口座の管理維持費が無料だからです

強いてのデメリットと言えば、
申し込みの手間、身分証明書のコピーにかかるコピー代ぐらいでしょうか。

管理人も初めてネット証券の口座開設した時はなかなか決めきれなかったので、
とにかく口座開設できるネット証券口座は全て開設してみました(笑)

確かに口座開設申し込みの手間はかかりました、、
ただ口座開設をしたおかげで得られたメリットもありました!
それは・・・

  • 各証券会社を利用したことで、自身が使いやすいツールを見つけることができた
  • 各証券会社から得られる情報をもとに、やってみたい取引を見つけることができた
  • 自身のインターネット環境で快適に利用できるネット証券を知ることができた

特にツール(トレーディングツール)関係は、
実際に使用してみたからこそ、使いやすさを知ることができたと思います。

また、各証券会社から得られる情報(メール配信情報)を読むことで、
どういった取引商品があるかも知れたので、新たに取引してみたいものも見つかりました♪

あとご自身の使っているパソコンで、各ネット証券が提供してくれるツール各種を、
ストレスなく利用できるかどうかも知るためには、実際にツールをダウンロードし使ってみる、
使ってみることで感じることができました。

そして使っている中で、「ここのネット証券はツールが使いやすいな」とか、
「デイトレードするならこのネット証券の手数料がお得」「使える情報が得られるネット証券はここ」
みたいな感じで、最終的には2~3社のネット証券を利用するようになりました。

管理人としては、色々なネット証券を利用してみたことでのデメリットはなかったです♪

複数のネット証券を利用してもデメリットはありません!

ネット証券の複数利用はデメリットありません!
どちらかというと複数のネット証券を利用するメリットのほうが多いと思います!

各ネット証券の強みを活かすためにも、
複数のネット証券の利用はおすすめしたいと思います。

実際、管理人もツールだけ使っているネット証券もあります(笑)
そのネット証券で取引はせずにツールだけ利用してもなんら問題はありません。

あまりないかもしれませんが、ネット証券のデメリットでも説明したように、
利用しているネット証券のサーバーダウンによって新規の取引ができない時でも、
他のネット証券を利用して取引できますしね♪

ちなみに、もしネット証券を利用して株式投資をしている場合なら、
他のネット証券への株券の移管も簡単、無料で行うこともできますので安心です♪

株券の移管について

今利用している証券会社から他の証券会社に株券を移す=移管についてですが、
ネット証券の場合、移管費用などは無料で行うことができます

また移管自体もそれほど複雑な手続きを行う必要もありません♪
一番手軽な方法であれば「ほふり(証券保管振替機構)」を利用した移管方法があります。

この「ほふり」を利用すれば、
株券移管の際のややこしい手続きの必要ないんですね♪

「ほふり」は特に登録する必要もありません。
証券会社を介して購入した株式はこの「ほふり」で管理されているからです。

さて、株券移管の手続き手順は以下の手順で行います。

  1. 現在利用している証券会社へ連絡し、口座振替依頼書を郵送してもらう
  2. 口座振替依頼書に必要事項を記入、返送する
  3. 証券会社に口座振替依頼書が届き、約1週間で株券の移管が完了

以上が一般的な手続きとなります。

ただ、もし急ぎの場合であれば、
口座振替依頼書を証券会社のホームページから口座振替依頼書をダウンロード、
印刷したら、記入例に従って記入、返送するとよいでしょう。

ちなみに返信用の宛先ラベルなどもダウンロードできます。
宛先違いによる郵送トラブルを避けるためにも、印刷して利用しましょう。

以上手続きで株券の移管は完了です♪


マネックス証券の宛名用ラベルの画像

↑こちらはマネックス証券の宛名用ラベルです(クリックで拡大します)。
  サイズを変えずに印刷し、封筒などに貼り付ければOKです♪

ページ先頭へ戻る