トップページ > ネット証券のイケてる選び方 > 特定口座と一般口座、どっち?

特定口座と一般口座、どっち?

特定口座と一般口座、どっち?

特定口座と一般講座、
口座を開設する時に悩む方もいらっしゃるのでは?

これらはどういう違いがあるのか、
またどちらの口座を選べば良いかについてご説明していきます♪

特定口座と一般口座の違いについて

ネット証券口座開設の際に口座の種類を選択します。
特定口座(源泉徴収ありorなし)と一般口座の3種類の中から一つ選んでもらう形になります。

これらの大きな違いでいえば確定申告が必要かどうか、ということです。
この三つの口座の違いは下記の通りです。

一般口座 1/1~12/31までの1年間の売買を通して利益が出た場合、
ご自身で集計・計算、そして確定申告が必要です。
特定口座
(源泉徴収なし)
この口座の場合は、売上集計・計算は必要ありません。
証券会社が行ってくれます。ご自身には年間取引報告書が送付されます。
この書類をもとに、ご自身で確定申告が必要です。
特定口座
(源泉徴収あり)
この場合は、売上集計・計算は勿論、確定申告の必要がありません
※一般的にはこの口座を選べば良いと思います

副業されている方の注意点

サラリーマン、会社員の方々が、
副業として株式投資などをされている場合に一つ注意点があります

もし副業として株取引などをされている場合、
そもそも利益が20万円を超えない場合は確定申告の必要はありません()。

納税の義務がありません。

しかし、特定口座で源泉調整ありを選択している場合は、
自動的に源泉徴収されるため、利益が20万以下でも課税対象となってしまいます

本来、非課税である部分を課税されるのは勿体ないですよね、、


そこで、サラリーマン・会社員の方の口座の選び方の一例を紹介しておきますね。

特定口座の源泉徴収なしを選ぶ!

それは・・・口座を特定口座の源泉徴収なしを選ぶ方法です。

なぜかといいますと、この口座を選んでいる場合、
もし利益が20万円以下の場合であれば確定申告は必要ありません。

また利益が20万以上出た場合には、確定申告をさえすればOK()というわけです。

必要書類は証券会社が作成してくれますので税務署に提出すればOKです!

ページ先頭へ戻る