トップページ > ネット証券徹底比較!! >テクニカルチャートで比較する!

テクニカルチャートで比較する!

テクニカルチャートで比較する!

テクニカルチャートは人によって何を使用するかは様々かと思います。

ただ、下記で比較しているテクニカルチャートは、
一般的によく使用されているテクニカルチャートを比較しています!

各ネット証券のテクニカルチャート比較一覧表!

証券会社名 価格帯別出来高 ボリンジャーバンド MACD ストキャスティクス RSI
SBI証券 詳細
マネックス証券 詳細
楽天証券 詳細
松井証券 詳細
カブドットコム証券 詳細
GMOクリック証券 詳細
丸三証券 詳細
岩井コスモ証券 詳細
エイチエス証券 詳細 ×
むさし証券 詳細


テクニカルチャート解説

そもそもこのテクニカルチャートは何故利用するのか?
ということですが、テクニカルチャートを利用することで知りたいことは、
その銘柄、株の売り時、買い時を図るためです。

ただ各テクニカルチャートには得手不得手がありますので、
ここでは各テクニカルチャートについて簡単に説明していきます。

各テクニカルチャートが大体どんな働きをするのか、参考程度になればと思います♪

価格帯別出来高

価格帯別出来高とは、一定期間の株価の価格帯ごとの出来高を表示します。

チャート左右に表記される、棒グラフがこの株の出来高で、
その時々における取引の出来高(取引された株数or取引金額)が表示されています。

この表示によって、どれぐらいの人がその株を買ったか、売ったかがわかり、
その指標から株価の上昇、下落を読むことができるチャートです

ですから、この価格帯別出来高を参考にすることで、
株価の上昇・下落を読む一つの指標とすることができるというわけですね。

価格帯別出来高(マネックストレーダー)画像


ボリンジャーバンド

ボリンジャーバンドは、乖離系指標といわれ、
これは移動平均線から上下に表示される2本の補助線からどれくらい乖離しているかで、
株価の「買われ過ぎ」「売られ過ぎ」を判断する時に使用する統計学に基づいたチャートです。

このボリンジャーバンドの使い方としては、
下記チャートの移動平均線の上下に表示されている赤線と青色の線と、
移動平均線である緑線に注目していきます。

実はこの赤線と青線の間で株価が収まる確率は95%といわれています。

ですから、これら2本線から飛び出した株価は、また線内に戻る確率が高いといわれ、
そのタイミングで売買すれば、良い結果を得られる確率が高いというわけですね。

また下記チャートの白丸部分のように、株価が赤線と青線から飛び出し、
これら2本線の幅が大きく離れるタイミングがあります。

これは急激な値動きの時に見られ、
このタイミングこそが買いのタイミング、買いシグナルであるともいわれています。

ボリンジャーバンド(マネックストレーダー)画像


MACD

MACDは相場のトレンド+売買するタイミングをチェックできるチャートです。

チャート下部に表示されているのがMACDですが、

緑線 MACD
赤線 シグナル
赤と青の棒グラフ Oscillator(OSCI)

使い方の一例としては、Oscillatorの部分に着目してもらい、
下部チャートであれば、赤の棒グラフの時は売り、青の棒グラフの時は買い
といった判断をすることが出来ます。

分かりやすいチャートではありますが、
反映されるまでにやや時間がかかるのがデメリットですね、、

MACD(マネックストレーダー)画像


ストキャスティクス

ストキャスティクスは、株価の「買われ過ぎ」「売られ過ぎ」を見ることができる、
オシレーター系テクニカルチャートです。

チャートに表記される指標は、%K=短期線、%D=中期線、%SD=長期線です。
これらの指標と売買水準の%(下記チャートのピンク色の線と青色の線の部分)を絡め、
売買タイミングを見ていきます。

下記チャートを見てもらうと「Fast」「Slow」、
2種類のストキャスティクスが表示されていますが、これらは使用する指標が各々異なります。

Fast %K(緑色の線)と%D(赤色の線)を参考にする
Slow %K(緑色の線)と%SD(赤色の線)を参考にする

そして、これら2本線の動きと売買水準から、
買い時、売り時を判断していくというわけですね。

ちなみに売買水準ですが、
下記チャートに平行線で引かれた線が売買タイミングの水準となります。

売り時 売買水準が80%以上(ピンクの線以上の場合)
買い時 売買水準が20%以下(青色の線以下の場合)

また下記画像では、FastとSlowの2種類のストキャスティクスが表示されていますが、
「Fast」は動きが激しく見にくいかもしれないので、参考にしやすいのは「Slow」のほうでしょう

ストキャスティクス(マネックストレーダー)画像


RSI

RSIは、Relative Strength Index=相対力指数ともいわれ、
過去の株価の値動きを参考に、株価の上昇・下落を表してくれるチャートで、
売られ過ぎ・買われ過ぎを見ることができます。

一般的には、指標が70%以上で売りのタイミング、
30%以下で買いのタイミング、といわれており、例えば下記チャートで見ると、
売りのタイミングが青丸部分、買いのタイミングが赤丸の部分となります

ただ、白丸部分のように、急激な株価上昇が合った時には、
チャートとしての機能が失われる側面もある(チャートが100%のまま張り付いた状態)、
急騰・急落時には使えないといったデメリットがあります、、

ですから、株価が緩やかな上昇・下落時に利用すると良いテクニカルチャートといえるでしょうね。

RSI(マネックストレーダー)画像

ページ先頭へ戻る