トップページ > ネット証券徹底比較!! > 特殊注文で比較する!

特殊注文で比較する!

特殊注文で比較する!

ネット証券ごとに特殊注文は異なります。

ここでは当サイトで紹介している、
ネット証券で可能な特殊注文の有無を紹介していこうと思います!

各ネット証券の特殊注文比較一覧表!

下記表を見ていただくと一目瞭然かと思います!

中でも豊富な取引注文があるのは、マネックス証券、カブドットコムあたりですね♪
ただ、一般的には「逆指値」「W指値」あたりの注文方法があれば十分ではないでしょうか。

証券会社名 逆指値 W指値 ±指値 連続注文 反対売買注文 不出来引け成行
SBI証券 詳細 × × ×
マネックス証券 詳細
楽天証券 詳細 × × ×
松井証券 詳細 × ×
カブドットコム証券 詳細
GMOクリック証券 詳細 × × × ×
丸三証券 詳細 × × × × ×
岩井コスモ証券 詳細 × × ×
エイチエス証券 詳細 × ×
むさし証券 詳細 × × × ×

特殊注文解説

特殊注文は各ネット証券会社によって、
用意されているものとされていないものがあります。

特殊注文の多くは、利益を上げるための注文方法というだけでなく、
損失を最小限に抑えるための損切りに使えます。

ご自身にとって理解しやすく、使いやすい特殊注文を見つけていきましょう♪


では、まず基本となる指値注文を説明しておきます♪


指値

ご自身の希望する株価に、
「上がったら売り、下がったら買い」といった指定をする注文方法です。


指値説明図

この指値注文を基準に以下、特殊注文別に見ていきましょう!
参考にしてもらえれば幸いです♪


逆指値(ぎゃくさしね)

逆指値(ぎゃくさしね)とは、
通常の指値注文とは逆のパターンで注文する方法です。

これはどういうことかといいますと・・・逆指値の場合、
株価が上がった時に買い、株価が下がった時には売るといった、
通常指値とは真逆の注文をする方法です。

損切りに利用するケースが多い特殊注文の一つです。


逆指値説明図

W指値(だぶるさしね)

W指値(だぶるさしね)とは、
通常指値と逆指値を同時に注文できる特殊注文です。

このW指値は他にも「ツイン指値」や「逆指値付通常注文」と呼ばれる時もあります。


W指値説明図

±指値(ぷらすまいなすさしね)

±指値(ぷらすまいなすさしね)とは、前日終値や始値、現在値等を基準に、
株価がプラスマイナスいくらになったら発注する、といった設定に基づいた注文が可能です。

この注文方法の場合、現在の相場を基準に売買注文をするので、
より相場に準じた注文が出せるのがメリットです

そのため、損切りとしては勿論、利益確定にも利用出来ます。


プラスマイナス指値説明図

連続注文

連続注文とは、
2つ以上の注文を予約することが可能な特殊注文方法です。

例えば、売り注文をだした後に買い注文をだすことや、
異なる会社の株を連続して購入することも可能です。

自動的に指定した値で売買注文をしてくれるので、
リアルタイムに取引ができない方でも、理想どおりの取引が可能です。

予約注文できる注文数は、各ネット証券によって異なります。


連続注文説明図

反対売買注文

反対売買注文とは、
発注した注文が約定した場合、買った場合はすぐに売り注文を、
売った場合はすぐに買い注文といったように、即座に反対の売買をする特殊注文のことです。

ちなみに他にUターン注文、リバース注文と呼ぶ時もあります。

不出来引け成行(ふできひけなりゆき)

不出来引け成行(ふできひけなりゆき)とは、
指値注文をしていたのにも関わらず、取引時間中に約定しなかった場合、
その日最後の取引で成行注文(いくらでもよいので売買注文をする)に変わる特殊注文です。

この不出来引け成行は、
他にも不成り(ふなり)や指成り(さしなり)とも呼ばれることがあります。

ページ先頭へ戻る