トップページ > ネット証券徹底比較!! > 取扱商品で比較する!

取扱商品で比較する!

取扱商品で比較する!

各ネット証券では株取引以外にも様々な投資商品を取り扱っています。

ここでは各ネット証券で扱っている代表的な取扱商品を比較、紹介します!
ご自身がお探しの取引を一目で確認できると思いますので、是非活用してみてください♪

各ネット証券の特殊注文比較一覧表!

下記表の取扱商品は証券会社において、代表的な投資商品となります。

各商品の取り扱い状況を見てみると、
SBI証券」「マネックス証券」「楽天銀行あたりは豊富に取り扱っていますよね。

株以外にも取引をしたいけど、特に決まっていない、
そんな方は上記3社のネット証券を選んでおけば問題ないでしょう!

証券会社名 ミニ株 投資信託 IPO 中国株 米国株 国債 制度信用 一般信用 FX
SBI証券 詳細
マネックス証券 詳細
楽天証券 詳細 ×
松井証券 詳細 × × × ×
カブドットコム証券 詳細 × × ×
GMOクリック証券 詳細 × × × × ×
丸三証券 詳細 × × × ×
岩井コスモ証券 詳細
エイチエス証券 詳細 × ×
むさし証券 詳細 × × × × ×


取扱商品解説

取扱商品の中でもよくご質問を受ける、
ちょっとわかりにくいものについて簡単に解説していこうと思います。

ミニ株について

ミニ株とは、少額単位からの株投資が可能な投資商品です
購入できる単位は、本来の売買単位の10分の1から購入することが可能です。

そのため、株投資初心者の方には勿論、お小遣い程度で株投資をしたい方、
リスク分散しながら投資をしたい方に人気があります。

デメリットとしては、

  • 株主優待がもらえない
  • 売買単位が1株の銘柄は購入出来ない
  • 指値注文ができない(注文した翌営業日の寄り付き=始値で売買されます)

といったことが挙げられますが、
少額とはいえ、売買チャンスを逃さず投資できる点はメリットでしょう。

投資信託について

投資信託とは、資産運用のプロが投資家から集めた資金を運用し、
その運用成果を出資された額に応じて投資家に還元します。

注意点として、元本保証はありません。

IPOについて

IPOとは、新規公開、新規上場ともいわれますが、
非上場株が新たなに上場し、市場に株式を公開することを指します。

国債について

国債とは、国が発行する債券のことであり、

例えば日本(国政府)が発行する債券を日本国債といいます。

購入した債券は、定められた期間で運用され、
発行時に約束された利回りを得ることができますが、元本保証はありません。

制度信用と一般信用について

制度信用とは、信用取引の一種で、
証券取引所が定めた銘柄と取引する信用取引です。

信用取引とは現物取引とは異なります。

現物取引であれば資金が100万円しかなければ、
100万円までの取引しかできませんが、信用取引であれば、
300万円の取引も可能(=レバレッジ効果)となります。

決済期間(運用期間)は6ヶ月以内で行われます。
一般信用よりも取引リスクが低いため、金利(貸株料)は低めです。

一般信用とは、制度信用とは異なり、
証券会社が定めた銘柄から取引します。また決済期間の制限はありません。

制度信用と同じく、レバレッジをかけて運用できるため、
リターン(利益)に期待が持てますが、その分リスク(損失)も大きくなるため、
運用には注意が必要です。

FX

FX=外国為替証拠金取引(為替証拠金取引)といわれる、
証拠金を担保に外貨を売買する取引です。

証拠金(保証金)にレバレッジをかけることで、
証拠金の何倍もの価値で取引することが可能であるため、
大きな利益を生むことも可能(反面、大きな損失を被る可能性もあります)です。

ページ先頭へ戻る