トップページ > ネット証券豆知識! > 端株で少額投資をする!

端株で少額投資をする!

端株で少額投資をする!

ミニ株が10分の1の資金で始められるお手頃な株の投資法ですが、
さらに少額資金で始めることができる、単元未満株の投資法が「端株(はかぶ)」です!

この端株を利用して、
少額からの資産運用や株主優待をゲットすることができるんですね♪

端株って?

端株(はかぶ)とは、
ミニ株よりもさらに少額投資が可能な株式投資方法です。

ミニ株の場合は、本来購入できる単元株単位の10分の1の単位で購入できます。
例えば、100株単位で売買可能な株であれば、10株ずつの売買が可能です。

これに対して端株の場合、1株単位で購入することができますので、
本来であればなかなか買えないと思っていた株も買うことができるというメリットがあります。

ただ端株にもデメリットはあります。

  • 取り扱いは全てのネット証券で扱っていない
  • 対象となる銘柄は限られている
  • 指値注文ができず、成行注文で取引が成立(注文した翌営業日の寄り付き=始値で売買)となる
  • 手数料も通常の株売買、単元株を取引する時に比べると割高である

ただ、少額資金で投資したかった株を売買できる、という点は魅力だと思います。

端株を保有して株主優待をもらう!

端株を利用して、株主優待をもらうこともできます。
ちなみにミニ株の場合、株主優待はもらえません。

端株で株主優待をもらう場合、タダではありませんが、
少額の投資で、株主優待をもらえることができるのは魅力ですね。

そしてこれは、かなり高い利回りで運用することができるともいえます。

例えば、1株30,000円の株を購入することで、
3,000円分の金券をもらえる株主優待であれば、株主優待による利回りは10%になります

また株主優待でもらえる金券やサービスチケットを、
オークションなどで売って利益を得るといったことも考えていけば・・・
利益として還元される%からすると、高い利回りで運用していることと同じといえますよね♪

今ではこの端株を保有することで、株主優待をもらえる企業は減っていますが、
いまだにもらえる企業もありますので、興味のある方はチェックしてみるとよいでしょう。

ちなみに、より種類の豊富な株主優待をお得に受け取りたいのであれば、
一般信用取引を利用して株主優待をもらうほう()が選択肢は多いと思います♪

一般信用取引で株主優待をもらう方法は、
  「株主優待をタダでもらう!」を参考にしてみてください。

端株を取り扱っているネット証券はココ!

端株の売買が可能なネット証券(当サイト掲載分)は、

  • SBI証券
  • マネックス証券
  • カブドットコム証券
  • 丸三証券

これらのネット証券で取り扱っていますが、
ネット証券ごとに端株の商品名や手数料が異なりますので表にまとめてみました。

端株を取り扱っているネット証券と手数料表

証券会社名 商品名 最低 1万円 3万円 5万円 10万円 50万円 100万円
SBI証券 S株 54 54 162 270 540 2700 5400
マネックス証券 ワン株 54 54 162 270 540 2700 5400
カブドットコム証券 プチ株 108 108 180 324 684 3564 7164
丸三証券 特になし 108 108 259 432 864 4320 8640

※手数料の単位は「円」です


表をみてもお分かりになられるかと思いますが、
少額投資するなら、「SBI証券」「マネックス証券」あたりがおすすめですね♪

ページ先頭へ戻る