トップページ > ネット証券豆知識 > 約定の仕組みについて

約定の仕組みについて

約定の仕組みについて

ここでは株式投資において取引が成立する、
いわゆる約定について説明していこうと思っています。

この約定においてですが、大きくわけると2つ方式があります。


約定方式について

約定方式は大きく分けると2つあります。

それは「ザラバ方式」と「板寄せ方式」と呼ばれるものです。
これらの約定方式は各々、約定するタイミングが異なります。


ザラバ方式と板寄せ方式の約定タイミングイメージ図

ザラバ方式と板寄せ方式の約定タイミングイメージ図

上の図を参考にしてもらうと・・・

「ザラバ方式」の場合は、
前場取引時間内と後場取引時間内に行う約定方式です。

「板寄せ方式」の約定のタイミングは、
前場取引時間(9:00と11:00)と後場取引時間(12:30と15:00)になります。

ではこのうち、メジャーなザラバ方式について簡単に説明してみようと思います♪

ザラバ方式

ザラバ方式とは、ザラバが開いている間で約定させる方式です。

もちろんザラバが開いている間は、
注文がめまぐるしく出され、約定も決まっていきます。

このザラバ方式においてはルールがあります。
それは、「価格優先の法則」と「時間優先の原則」です。


価格優先の法則

買い注文の場合 値段の安いものから買い注文が優先され約定する。
売り注文の場合 値段の高いものから売り注文が優先され約定する。

時間優先の法則

買い、売り注文共に 同じ値段で注文した場合は、より早く出した注文が優先され約定する。


それではこれらの法則を実際の取引、下記板情報の状況で説明していきますね。

売り数量 値段 買い数量
300 203  
200 202  
100 201  
  200 200
  199 300
  198 400


ではこの板情報の場合、
下記のような買い注文、売り注文をした時を見ていきましょう。


指値、200円で100株売り注文を出した場合

この場合であれば、
200円の買い数量は200株なので、売り注文の100株は成立します。

この時、200円の買い数量200株のうち、どの株から約定されるかは、
より早く買い注文を出した分から約定されていく(時間優先の法則)こととなります。

売り 株価(円) 買い
300 203  
200 202  
100 201  
  200 100
  199 200
  198 400


成行、200株買い注文を出した場合

この場合であれば、
一番安く売りに出されている、201円でまず100株分が約定します(価格優先の法則)。

そして残り100株は、次に安い202円で100株分が約定されます。

売り 株価(円) 買い
300 203  
100 202  
全て約定 201  
  200 100
  199 300
  198 400


指値と成行って?

念のため、指値と成行については下記のような違いがあります。

注文方法 メリット デメリット
指値 ご自身の指定した株価で売買が可能 約定の優先順位が低くなる
成行 約定が優先して行われる 約定される株価が予想とズレる可能性がある

ですから、希望する株価で株を売買したいのであれば「指値」、
とにかくいくらでもよいから、今すぐに株を売買したい場合は「成行」注文ということになりますね。

※指値については、「特殊注文で比較する!」の指値の項も参照してみてください。


また、指値と成行で約定される優先順位ですが、
もし買い注文の場合であれば・・・

1.成行
2.指値(注文株価が高い)
3.指値(注文株価が安い+注文が早い)
4.指値(注文株価が安い+注文が早い)

といった順に優先されていきます。

ページ先頭へ戻る